石川昴弥の父親も母親も東邦高校OBで弟は中日Jr.の石川瑛貴!

東邦の二刀流、天性のスラッガーと注目を集めている、東邦高校3年の石川昴弥(いしかわ たかや)選手は、いよいよ明日、明石商業と準決勝を迎えます。

石川選手の家族は、父親が平成の始まりに、東邦高校で甲子園に出場しており、母親も父親の一学年下の東邦高校出身でした。

また、弟さんは2017年に中日Jr.で活躍した石川瑛貴選手です。

石川昴弥選手の強さにつながる、父に与えられた野球環境や家族のついて、お伝えします。

Sponsored Link

石川昴弥の父親も母親も東邦高校OB

石川昴弥の父親の尋貴(ひろたか)さんは、現在自動車会社に勤めていますが、

高校時代、東邦高校で野球をしており、山田喜久夫氏ら1989年選抜の甲子園優勝メンバーの同期生です。

しかし、石川昴弥の父親はその甲子園でベンチ入りできませんでした。

そして、母親の由香子さんも、その一学年下の東邦高校出身でした。

そんな高校時代を過ごされた石川選手の父、尋貴(ひろたか)さんは、息子の昴弥選手が保育園年長から野球教室にいれ、その後も、地元で一番厳しい野球チームに入れ、昴弥さんに野球環境を与えました。

自分が果たせなかった夢を子供には見せてあげたい。

そのために、できるだけいい環境を与えたいと思うのが親心ですよね。

ただ、そうはいっても、あまりにも厳しい環境だったため、親としてもこれでいいのか迷ったこともあったそうです。

それでも、厳しい練習が必ずいい経験となると信じ、この経験を積ませたからこそ、今の石川昴弥選手があるのですね。

石川選手のあこがれの選手は、大谷翔平選手です。

二刀流にさらに磨きをかけ今後ますます活躍していって欲しいですね。

Sponsored Link

石川昴弥の弟は中日Jr.の石川瑛貴!

石川昴弥選手には4つ下の弟がいて、弟は2017年に中日Jr.で活躍した石川瑛貴(いしかわ てるき)です。

下の記事にあるように、瑛貴さんも、お兄さんに劣らず才能があり活躍されています。

そして、瑛貴さんはお兄さんからアドバイスをもらったりすることもあるそうですが、お兄さんを抜くことを目標としているということなので、将来が楽しみですね。

まとめ

いよいよ、準決勝を迎える東邦高校ですが、勝ち抜けるでしょうか、

石川昴弥選手の活躍を期待し、応援したいですね。

東邦高校、優勝おめでとうございます!!!

石川選手大活躍でしたねー!!

甲子園での活躍も楽しみにしています。

また、将来的に兄弟でプロ野球選手への道に進めることも期待したいです。

Sponsored Link